ムービー[映画] > 俳優紹介
デビューするなりハン・ガインに似た容姿によって映画界内外の関心を呼んだキム・ジュヒョン。
チン・ギジュは女優としてデビューする前、モデル、記者、大企業の社員として勤務するなど、異色のキャリアを持っている。2015年から俳優生活を始めたチン・ギジュは2018年、MBCドラマ『こっちに来て抱いて』映画『リトル・フォレスト』などに出演した。
“ハニー”という芸名でショッピングモールのモデルとして活動していたパク・ファニは、女優に転向後『太陽の末裔』『嫉妬の化身』『王は愛する』『君も人間か』などに出演し、活発な活動を続けている。
「僕もあの舞台の上の俳優のような人になりたい」生まれて初めて演劇を見て夢を変えたヤン・セジョン。デビュー1年で主演を務めて新人賞を席巻する記録を立てた。
ソンヒョクはドラマ『私はチャン・ボリ!』でムン・ジサン役を『花遊記』で冬将軍役を演じ、多くの愛を受けた。
2010年9人組ボーイズグループZE:Aのメインボーカルとしてデビューした。2017年に非公式解散後、現在俳優として活動している。
2011年、映画『Bleak Night』でデビューしたパク・ジョンミンは、第37回青龍映画賞で新人男優賞を受賞して、その演技力を認められた。
モデルとして活躍していたチャン・ギヨンはIUのミュージックビデオに出演して、演技者としての姿を披露して以来、さまざまな作品で演技者としての地歩を固めている。
長い無名時代を乗り越えて、約10年にして世の中の注目を集めている女優。幼年期を大阪で過ごし、2009年に映画『キングコングを持ち上げる』の重量挙げ少女役でデビューして、本格的に芸能活動を開始した。
いつのまにかデビュー17年目を迎えて、フィルモグラフィーを確実に積み重ねてきているキム・ジフン。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後