ムービー[映画] > 俳優紹介
デビュー当時は中堅タレントキム・ムセンの息子として注目されたキム・ジュヒョクは、1998年ドラマ「カイスト」で演技を始めた。
パク・チョンアは、大韓民国の歌手だったが、今はタレントだ。ガールズグループJEWELRYのリーダーだったが、2010年ソ・イニョンと一緒にチームを脱退した。今は、様々な作品に出演しながら女優として活発に活動している。
ユン・ジンソは2003年パク・チャヌク監督の『オールドボーイ』でユ・ヨンソクとの切ない瞬間を演じて大衆に顔を知らせた。そして翌年、百想芸術大賞映画部門の女性新人演技賞を受賞して、その演技力を証明した。
ソン・ダムビ(1983年9月25日〜)は、大韓民国の歌手であり女優。
コ・ギョンピョはtvNドラマ『応答せよ1988』のソヌ役で大衆に顔を知られ愛された。その後『嫉妬の化身』や『シカゴ・タイプライター』を通じてユニークで自身だけの演技を披露した。
ウン・ジウォン(殷志源、1978年6月8日〜)は、韓国の歌手、俳優、MC
キム・ソヒョンは子役俳優としてスタートし、多くの作品を通じて優れた演技力と美貌で愛されている女優。
チョン・サンフンは2017年、今年デビュー20年目を迎えたベテラン俳優。ミュージカル、ドラマ、映画などを縦横無尽に活躍しながら実力を磨いてきた。
『切ないロマンス』ソン・ジウンが、“ロマンチックコメディの妖精”となる  
主婦らの間では、朝ドラの恋人として名前が知られている俳優
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後