ムービー[映画] > シネマスペシャル
映画『タクシー運転手』のモチーフは、韓国の民主化に寄与した功労で2003年に第2回ソン・ゴンホ言論賞を受けたドイツのジャーナリスト、ユルゲン・ヒンツペーターの受賞コメントが掲載された新聞記事の一行だった。
映画『朴烈(パク・ヨル)』は、1923年の東京、朝鮮人6千人虐殺を隠蔽しようとする日本帝国に正面から立ち向かう朝鮮最高の不良青年パク・ヨルと、彼の同志であり恋人である文子(ふみこ)の信じがたい実話を描いた。  
映画『一日』は、6月16日(金)から18日(日)までの3日間の観客動員数480790人、累積観客数565894人を記録し、4日連続韓国映画ボックスオフィス1位の座を守り、期待作らしい底力を見せている。観客の好評と開封後ずっと韓国映画ボックスオフィス1位をキープしている映画『一日』は、全国の映画館で絶賛上映中。
10月13日に封切りされた映画『ラッキー』は、1か月も観客数1位〜3位を占め、ロングランをしている。 話題のハリウッド映画を抑え、善戦している。
映画『ラッキー』のヒットの秘訣は何だろうか?
ハリウッドの大スターリーアム・ニーソン(Liam Neeson)が出演するのは、予算規模の問題だけでなく映画を綿密に分析して自分のイメージにつながる作品を選ぶ制作陣にとっては、易しい事ではなかった。 次は、リーアム・ニーソン(Liam Neeson)の、映画『仁川上陸作戦』出演に関するビハインドストーリーだ。
神が死んだと信じ、自ら怪物になったヒジュは父の死を問い、ギボムを殺そうと決める。 彼女は、自分の死で連続殺人犯であり自分の父を殺害したギボムを死刑台に送る。 
この映画は、新しい方式の復讐を見せてくれる。
映画『秘密はない』には、奥深くに秘密が隠れている。 
映画『秘密はない』は、最初から「おかしいこと」を意図していた。 
映画『秘密はない』では、女優ソン・イェジンの他には誰も見えない。   
女優キム・ヘスが問題を起こした。 映画のキム・ヘスは、独歩的なワントップ女優で、前代未聞の妊娠スキャンダルの主人公となる。 キム・ヘスは女優としてのカリスマと魅力も備えた反面、まことしやかに吐き出す粘りのあるセリフとスラップスティックを彷彿させるダンスで“主演”を完璧に務める。 
映画『鬼郷』と『東柱』が、外国人観客まで感動させている。
『鬼郷』と『東柱』は、韓国人のつらい歴史を描いた映画だ。 
世界の山岳歴史の中で、誰も足を踏み入れなかった偉大な挑戦! 2005年、エベレスト登山中に死亡した故パク・ムテク隊員の遺体を収拾するために、再び登山に挑んだ山岳人オム・ホンギル隊長と遠征隊の物語を描いた作品だ。この映画が今、大韓民国で大きな人気を得ている。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後