ムービー[映画] > Dr.Movie 自由コラム
信頼できるのは専攻書籍と若だけという二人の警察大学生が目の前で目撃した女性拉致事件に巻き込まれながら繰り広げられる話を描いた青春捜査アクション映画『青年警察』が2017年の劇場街を強打した。
『軍艦島』は日本統治時代が終焉を迎える1945年、端島の地下炭鉱に強制徴用された朝鮮人たちが極限の状況を抜け出すために命がけで脱出する話を描いた映画。
俳優キム・スヒョンとソルリが映画『リアル』を通じて大胆な演技を披露した。ソルリの場合、この映画で関心を受けたのは露出のためだった。キム・スヒョンは、1人2役で苦労しながら優れた演技力を披露したが、蓋然性のない設定と見慣れない編集テクニックは、批評家から高く評価されなかった。
映画『夜の海辺で一人』は、ホン・サンス監督の19番目の作品。 初めに、ホン・サンス監督個人の不倫に対する弁明ということ、2番目は不倫相手であり女性主人公である女優キム・ミニが第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞主演女優賞を受賞し、有名になったこと。
映画『再審』は、2000年の“益山薬村五叉路事件”という実際にあった事件を映画化したもの。
勝利の可能性がほとんど無い事件での逆転勝ちを通して、“人間らしい生き方の条件”を表現する。
『ムヒョン、二都市物語』は、地域の区別無く、人が住む世界を作ろうと努力したノ・ムヒョン元大統領の姿と、彼を記憶する人々の足跡を追って、韓国の現住所を照らし出すヒューマンドキュメンタリー。
主演を務めたユン・ヨジョンは50年目のベテラン女優。今年で70に手が届く年齢の女優ユン・ヨジョンは自分の演技人生で映画『殺してあげる女』を撮影する間、一番恥ずかしくて辛かったと告白した。
本当に良い映画、よくできた映画だが、つまらない映画だ。
ドラマチックな映画を期待しながらこの映画を観たなら、失望するだろう。 だから、この映画の興行はあまり明るくないという展望だ。  
観客1千万人に向かって走る映画『トンネル』の社会的反響が尋常ではない。
京郷新聞の“チャン・ドリ”漫評で、韓国のイシューを鋭く描くパク・スンチャン画伯は、映画『トンネル』の内容を基に、4コマ漫画にした。 
映画『徳恵翁主』は、父である高宗皇帝を非命で送り、13歳で日本へ連れていかれた朝鮮の最後の皇女の物語。
この映画『徳恵翁主』を観る人は、映画館のあちこちですすり泣く声を聞くことになる。 
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後